ウェットタイプキャットフード

魚配合したキャットフードのウェットタイプは、水分含有量が高いという特徴があります。例えば、水分を豊富に含むことによって水分不足をカバーすることができます。そのため、水分不足になりがちな猫を飼っている人はウェットタイプを選択する人もいます。

ウェットタイプはドライタイプに比べて嗜好性に適しています。つまり、食欲が少ない猫に与えることで最後まで食べてくれる可能性があります。また、味の種類も豊富です。飼い主さんの中にはできるだけ自分が飼っている猫が好む味のものを与えたいという人もいますが、魚が配合されているキャットフードでも複数の種類があるので、猫の味の好みに合わせて選択できる可能性があります。

ウェットタイプはドライタイプと同様に、未開封であれば長期保存が可能なケースもあります。そのため、一度に多くの種類のキャットフードを購入して、自宅で保管し必要な分の量を与えることも可能です。

このように魚が配合されていることによって、嗜好や健康に配慮して取り入れることができるメリットがあります。また、ドライタイプやウェットタイプでも魅力が異なるので、様々な点を考慮して猫に合ったものを選択していきましょう。


ドライタイプキャットフード

魚配合のキャットフードの中にはドライタイプの製品があります。ではドライタイプの魚配合のキャットフードにはどのような特徴があるのでしょうか。

特徴の一つとして挙げられるのが、少量でも必要な栄養素を摂れることです。現在では魚配合だけでなく、ドライフードの中には高タンパク質なものや、栄養バランスが整ったキャットフードが数多く販売されており、ドライフードだけで猫に必要な栄養を摂取することが可能です

歯石がつきにくいという点もドライタイプの特徴になります。歯石が付くと口臭や歯周病の原因になるので、歯の健康が損なわれる可能性があります。ドライフードは乾燥しているので、水分を多く含むタイプのキャットフードよりも歯の健康をサポート出来る可能性があります。

常温保存が可能なことや消費期限が長いことも特徴の一つです。基本的にドライフードは冷蔵庫の中で管理しなくても保存が可能です。また、水分を含むものよりも長期保存が可能です。しかし、キャットフードを選ぶ時は保存性などで選ぶだけでは不十分です。例えば消費期限が長い製品には防腐剤などが使用されているケースもあるので、基本的に防腐剤は猫の体に負担をかけるので、保存性以外のポイントも確認しましょう。


魚配合のキャットフード選択

魚が配合されたキャットフードの特徴の一つに低アレルギーなことを挙げることができます。実際にアレルギー持ちの猫の数は少なくありません。もしアレルギー反応が出る食べ物を長い間与えていると体に影響を与える可能性があります。実際に猫の中には獣肉アレルギーの子も少なくありません。基本的に多くのペットフードには獣肉が多く含まれています。そのため、アレルギーを知らない飼い主さんの中には長い間与えてしまう方もいます。

そのようなアレルギー持ちの子が魚配合のキャットフードを選択することで改善やサポートを期待できます。しかし、猫は獣肉だけでなく、穀物などでもアレルギー反応を引き起こす可能性があるので、必ず獣肉によってアレルギー反応を引き起こしていると言うことは難しいでしょう。

魚には必須アミノ酸のタウリンが豊富に含まれることを知っている人もいるのではないでしょうか。タウリンは猫にとって必要な成分なので魚配合のキャットフードを選択すれば普段の食事から摂取することが可能です。

魚配合のキャットフードは消化吸収に優れているとされてます。基本的に猫は消化を不得意とする動物です。そのため、消化吸収をする時に負担をかけると健康に悪影響を及ぼす可能性もありますが、魚配合のキャットフードは消化吸収が他の製品よりもいいため、猫の消化をサポートできます。


魚配合のキャットフードがある

猫の健康に大きな影響を与えるのが食事です。確かに、食事以外にも健康に影響を与えるものに運動があります。運動不足に陥ると人間と同様に猫も糖尿病などを発症することもあります。また、体周りに脂肪が多くつくことで心臓や肝臓などの内臓にも悪影響を与えるケースがあります。運動も猫の健康維持のために必要なことですが、運動だけでは健康をサポートできないので飼い主さんの中には猫の体に好ましい成分が含まれたキャットフードを選択する人が多いです。

現在キャットフードの種類は豊富です。定期的に購入している人はホームセンターやペットショップに陳列されている製品の種類が多いということを理解できる人も多いでしょう。それぞれの製品でパッケージデザインなども異なり、更に含まれる成分も異なります。

基本的にキャットフードを選択する時はデザインではなく、ライフステージを見て選択をして選ぶことや、それに含まれる成分を確認して飼い猫に合ったものを選ぶのが一般的です。子猫とシニア猫が摂取する栄養は異なりますので、もしシニア猫に子猫のキャットフードを与えると肥満などの原因になることもあります。

ライフステージや成分を見ることも選ぶ際には必要なことですが、現在ではある食べ物を配合したキャットフードがあります。その中でも購入している人が多い食べ物に魚があります。魚が配合されたキャットフードにはどのような特徴があるのでしょうか。今回はその特徴について紹介します。